なにしろ、暮らしが好きなもので。

ズブの素人の主婦が、元・家具職人の夫にアドバイスをうけながら一人、何の変哲もない建売住宅のDIYを進めています。 元・家具職人の夫のオリジナル家具と一緒に暮らしています。 DIY、インテリア、暮らし、器。

DIYリメイク【アンティーク風ドア】作る

f:id:araresanchi:20200205134404j:plain

こんにちは、あられです‘`(´∀`∩

 

今日は、DIYリメイク【アンティーク風のドア】を作ったお話です。

 

リビング扉と、クロゼーット扉の2つをリメイクしました。

 

今回は、他の部屋へ行き来するリビング扉リメイクのご紹介です。

 

まずは、ビフォーアフターから。

【BEFORE】

f:id:araresanchi:20200113001907j:plain

【AFTER】

f:id:araresanchi:20200205134108j:plain

 

ペイントも施して、雰囲気のある扉になって大満足です!

 

f:id:araresanchi:20200205134404j:plain

そして、この一連の流れを、動画にまとめております!

 

といっても、静止画をそのまま編集しただけなので、正直このブログ記事の方が見易いですが、ご勘弁ください〜。

 

動画の他に、この記事にテキストでDIYリメイクの詳細を書いていますので、ご興味のある方は読んでみてくださいね。

 

良ければ、私のyoutubeデビュー(笑)みてくださいね〜★


【DIY主婦】「ドアをアンティークにリメイクする」

 

 DIYリメイク【アンティーク風ドア】の作り方

ドアを取り外して、
電動ノコギリで内側をくり貫きます。

 

f:id:araresanchi:20200205134826j:plain

 くり抜き完成!⇩ ⇩ ⇩

f:id:araresanchi:20200205134937j:plain

 

くり抜いたら、内側の側面にカバーをする板を用意。
今回は、ホームセンターで、ベニヤ板(厚み5mm)をカットしてもらいました。
木工ボンドで貼っていきます。

f:id:araresanchi:20200205135116j:plain


 木工ボンドで貼ったら、マスキングテープで固定し
芯のある場所にビスを打ちます。

f:id:araresanchi:20200205135300j:plain

 

各パーツを用意

f:id:araresanchi:20200205135841j:plain

f:id:araresanchi:20200205135843j:plain

 

モールディングパーツを45度にカットする便利な道具を使います

f:id:araresanchi:20200205135930j:plain


ボンドと仮止め釘で貼っていきます。

f:id:araresanchi:20200205170901j:plain

 

ドアの中をくり抜けば、あとはパーツをはめていくだけです。
縦中央の支柱にのみダボをいれて、ドア枠に固定します。

f:id:araresanchi:20200205170919j:plain

 

直径8mm、長さ20mmほどのダボ

f:id:araresanchi:20200205170927j:plain

 

機械で穴をあける深さの目当てとしてマスキングで印をしておきます。

f:id:araresanchi:20200205171011j:plain

 

木材に鉛筆などで目安をつけて、穴をあけます

f:id:araresanchi:20200205171225j:plain

f:id:araresanchi:20200205171045j:plain

 

穴をあけたら、木工ボンドを入れダボを差し込み、
本体へはめこみます。

f:id:araresanchi:20200205172041j:plain

 

ダボを入れられない箇所には、斜めにビスを打ちます。
モールディング部分のパーツはボンド+細い釘を打っています。

f:id:araresanchi:20200205172122j:plain

 

一通り、パーツをはめ込んだら、木工パテで隙間を埋めます。

f:id:araresanchi:20200205172145j:plain

 

大まかに完成!
ドアらしくなってきました

f:id:araresanchi:20200205172213j:plain

 

先にざっくり下地を塗りました。
ドアの上部には、アクリルを入れます。


カスタムサイズをネットでオーダー。
アクリルは釘で固定できない為、超強力ボンドでモールディングを接合。

f:id:araresanchi:20200205172252j:plain

 

モールディングとドア枠は、木工ボンドを塗ってから細い釘で補強します。

f:id:araresanchi:20200205172320j:plain

 

目打ちで埋め込んでから、その穴は木工パテで埋める

f:id:araresanchi:20200205172451j:plain

 

飾り棒もアクリル板に直接、強力接着剤で貼ります。

f:id:araresanchi:20200205172527j:plain

 

飾り棒もマスキングして、下地塗装。


ペンキを塗ってから飾り棒を貼ると飾り棒は反って貼れなくなります。

f:id:araresanchi:20200205172555j:plain

 

★ 塗装

木地ではないドアフレームはペンキが剥がれないようにミッチャクロンを下地に。
(1)茶色ペンキ下地
(2)スティックのりを塗布
※エイジング加工
(3)白色ペンキ

f:id:araresanchi:20200205172637j:plain

 
(4)お好みで、
茶色のペンキを薄めて作り、ドア全体を塗って汚して、アンティーク感を出します。

f:id:araresanchi:20200205172851j:plain

★ 削り
塗装後、削ったりして、さらにアンティーク感を出します。

自分の好きなアンティークパーツをつけます。

ネットで選んだアンティークパーツを取り付ける最後のフィニッシュ。

ここが一番楽しいです。

f:id:araresanchi:20200205172923j:plain

 

f:id:araresanchi:20200205173048j:plain

 

完成!!

f:id:araresanchi:20200205134108j:plain

 

f:id:araresanchi:20200205134404j:plain

 

今日もブログを読んでいただいてありがとうございました!

 

 

www.kurashi-note.work

 

www.kurashi-note.work