こよみのしごと雑記帳

マイペースに少しずつ心地よい暮らしづくりを続けています。 DIY、インテリア、暮らし、器。

MENU

流行のカンカン帽が1928年「いだてん」でも大流行

bousi

 


昭和3年にカンカン帽、日本の男性ファッションとして大流行

5年ほど前?ぐらいからカンカン帽をかぶる人が増えてきて、今年は定番化してきたほどの勢いがあるカンカン帽。

 

私もお上りさんみたいですが、そこに乗っかってカンカン帽もどきを、プチプラなお店で買ってみました。

私のカンカン帽は、シーズン使い切りぐらいの軟弱なカンカン帽もどきです。

 

そのタイミングで昨日のドラマ「いだてん」。

時は1928年(昭和3年アムステルダムオリンピック開催の時に日本のメンズたちの中でカンカン帽は大流行してたんですね〜

 

男性の多くがカンカン帽をかぶって、昭和3年の日本から現れたので、思わず声を高くあげてしまいました。

 

カンカン帽の歴史


カンカン帽の発祥は、水兵や船乗りのために作られたことのようです。

船旅で水しぶきがとんで、帽子を傷めてしまうので、それを防ぐために帽子を平たくプレスして、ニスなどでコーティングして耐久性のあるものにしているようです。
すごく実用性を考えて作られた帽子だったんですね。

 

日本では明治の末から昭和初期まで、男性ファッションとして流行していたようです。職場で紳士の正装としての位置にあったようです。
なので昭和3年の「いだてん」では新聞記者たちがみんなかぶっていたんですね。

 

いだてん視聴者の感想

 

昨日のいだてん、完全に阿部サダヲさんのペースにはまってしまいました。

クドカンのキャストにはかかせない存在の阿部サダヲさん、全部持っていかれました感があります。


いつもクドカン薬師丸ひろ子さんの使い方が上手すぎて笑ってしまいますが、やっぱり昨日は人見絹枝選手役の菅原小春さんすごかったなあー

 

菅原小春さんは前衛舞踏家として、ずっとファンなんですが、女優としての演技もさすがでした。


そして名言メモ好きの私の昨日のいちおしの名言


しまちゃんから人見絹枝さんに宛てた手紙の一文

『あなたへの中傷は世界へ出れば称賛に変わるでしょう』
ここ号泣でした(;△;)

 

-------------------------------------------------------------------------------

【追記】

「いだてん」はクドカン脚本で、演出・監督は大根仁さんでしたね。

黄金コンビとしかいいようのないクオリティー!なんで視聴率低いんだろ、、。

大根仁監督の映画「モテキ」と「SCOOP」大好きです。

-------------------------------------------------------------------------------

 

夏の帽子

 

夏はいつも帽子を着用しています。


お気に入りの帽子はマチュアーハの帽子。


ペーパーハットだから手に届きやすいお値段な上にデザインも好みなので、愛用しています。毎年買いたいけれど、買うものがありすぎて、予算がまわらず、今ある帽子はクタクタになってきました。

 

7年かぶりたおしたマチュアーハのBOXED HAT

bousi

原型がないぐらい枯れてきました。

 

5年かぶっているマチュアーハのジュートキャップ


幾度となく旦那に洗濯されても、生き残っている生命力の強い帽子です。(笑)

 

hat

 

www.mature-kobe.com

そしてこの夏買った、プチプラのカンカン帽もどき。

hat

 

今年で寿命を終えそうな作りですが、楽しみたいと思います。

アラフォーなのにかぶっていいのかと思ったけど、昨日のいだてんで昔の日本の男性ファッションということを知り、余裕でかぶりたいと思います。

 

自分の欲しいものだけでも、インテリアに器に園芸に服に美容に読書に買いたいものが山ほどあるなかで優先順位を決めなければならないなんて辛いですね。

経済力豊かなインテリアブロガーさんがうらやましい。

自分もいつかブログドリームを夢見て、、、