なにしろ、暮らしが好きなもので。

ズブの素人の主婦が、元・家具職人の夫にアドバイスをうけながら一人、何の変哲もない建売住宅のDIYを進めています。 元・家具職人の夫のオリジナル家具と一緒に暮らしています。 DIY、インテリア、暮らし、器。

旬のものをいただく「12月 師走」

f:id:araresanchi:20191223002336j:plain

 

こんにちは。管理人のあられです‘`(´∀`∩

 

冬至ごはん

昨日は冬至を迎え、またこれから日に日に光が増していくこの瞬間がとても好きです。

 

その冬至の日に体を温める旬のものを食べる伝統的な習慣も、子供たちに伝えたくて、昨日は冬至ごはんにしてみました。

 

f:id:araresanchi:20191222232414j:plain

かぼちゃや柚子の入った汁物に、かぼちゃ蒸しパン。

 

汁物は、鮭をバターで焼いてから、かぼちゃやキノコなどなどの野菜を入れて、醤油ベースのだしの効いたものに柚子を刻んで入れたものが、とっても美味しかったです。

あっ旦那作ですが(汗)おにぎりは私っ

 

ビーツ三昧

私という人は、人様ん家の美味しそうなごはんを覗くと、つい食べたくなっちゃうんですよね。

ちょこちょことコメントなどで交流させてもらっているブロガーのお二方がアップした「ボルシチ」を見て、もう作らずにはおれなくなりました。

 

ロシア料理「ボルシチ」に欠かせない食材であるビーツが使われるということでビーツを探し回り、農協でようやく出会うことができました。

f:id:araresanchi:20191222234331j:plain

ビーツは、大根の一種なので見た目はかぶにそっくりですが、実はほうれん草科なのだそうです。

ほうれん草科であるのは、ビーツの独特の苦味のある味が納得!です。

 

そしてビーツを買ったところで、ボルシチクッキング。

f:id:araresanchi:20191222235441j:plain

子供達は野菜が小さくないと食欲が落ちるので夫が小さくしました(また、夫料理っ!)

そこにサワークリームを乗せると、味は抜群。

やはり、サワークリームが入ったとたん味のグレードがあがりました。

 

このボルシチを参考にさせてもらったのが

はてなブログのセネシオさん

海外で長く暮らされたようで、セネシオさんの作る料理とその腕前は、思わず唸ります。

料理も写真も美しすぎて、全然参考にできてない我が家のボルシチ

(いや、夫に作ってもらっておいてそれはない、ない!、こんなの聞かれたら2度と作ってくれんでしょう)

cenecio.hatenablog.com

そして、はじめにボルシチの火が点火されたのは、twitterで交流があるマトリョママを描かれているイラストレーターのsuiさん。

こちらもレベル高っ!

 

再現できてない我が家のボルシチ(だから言うな)

 

※suiさんの「マトリョママ」は昨日で最終回だったそうです。残念、とてもかわいい漫画でした。

 

そして、セネシオさんのビーツづくしの日々に影響を受けまくり、我が家もビーツを食べ尽くしました。

 

ビーツカレー

f:id:araresanchi:20191223002148j:plain

 

ビーツの葉とちりめんじゃこのふりかけ

f:id:araresanchi:20191223002259j:plain

これでおにぎりを作りました。

 

ビーツのおにぎりと、ビーツのスープ。

f:id:araresanchi:20191223002336j:plain

 

参考にさせてもらったセネシオさんの記事

シェフなの?というくらい、ハイレベル料理です

cenecio.hatenablog.com

なかなか私の生活圏内では知りえないワールドワイドな深いブログ記事を書かれているセネシオさんです。

紹介させていただいてありがとうございました!

 

ビーツを食しての感想

初めての食体験ビーツ。

ビーツは単体で食べるものではなさそうな個性の強い味。

かぶでもほうれん草でもなく、、

ビーツの色を使って、料理を華やかにするものなのかな

と思いました。

目の覚めるようなビーツの赤は、食卓に並ぶだけで華やかになりますね。

 

今日も読んでいただいてありがとうございました( ´◡` )

 

別ブログで書いている子育てブログ更新しました。

www.life-lab.net